So-net無料ブログ作成
検索選択

TELLISKIVI POETÄNAV(テッリスキヴィ・クリエイティブシティ) *気ままにおひとりさま初夏の北欧 その49 [*SCANDINAVIA/TALLINN '16]

TELLISKIVI POETÄNAV(テッリスキヴィ・クリエイティブシティ) 
  *気ままにおひとりさま初夏の北欧  その49

木陰はホッとする。
1.gif
建物同士を結ぶブリッジがいいね。

古い建物が並ぶ、このエリアは旧バルト鉄道の工場跡地。
2.gif3.gif
そんな工場跡地に、1869年、工業用建物として建設されたされた煉瓦造りの建物、
4.gif
それが現在、大きなステンシルのあるTELLISKIVI POETÄNAV(テッリスキヴィ・クリエイティブシティ)として、
5.gif
2009年から、様々な分野で活動する事業者が集まり、多目的拠点となったんだって。
6.gif7.gif
残る工場跡地の雰囲気の中に、古い建物のちょっとノスタルジックな雰囲気があって素敵だった。
8.gif
中にはいろいろなショップがはいっている様子、気になる〜。
9.gif
モルタルの床に、ペンキの壁、なんとも素っ気ない感じの通路の両脇にいろいろなショップ。
10.gif
ちょっとオシャレな生活をしているそうな若者カップルや家族連れがパラパラ。
11.gif12.gif
おしゃれっぽいシンプルな家具や日用品、エストニアの若手作家の小物や洋服、
13.gif14.gif
セカンドハンズ、ヨーロッパから輸入した茶葉や珈琲等々、いろいろ。

うーん・・・、どうなんだろ?
町に物があふれて、ネットでもいろんな情報をひろえて、
そして、なんでも買えてしまうような国から来たknäckeには、物足りないっていうか・・・。
でもきっと、エストニアでは今までになかった新しい雰囲気、洗練されたものに会える場所なんだろうな。
なんて思いながら、町に物があふれて、家の中にいながら世界中のいろんなものが買えてしまう環境って、
実はとっても非文化的で貧しいって気がするよ・・・、あくまでも超個人的な思いだけど、ね?・・・うん。(∋_∈)

ガラス製のカワイイ蜂蜜ポットをセカンドハンズで見つけたんだけど、
かなり薄いガラスで、この先、まだ長いのに割らずに最後まで持ち運べる自信がなくて断念。
でも、今でも気になる・・・。
割れない割らない、という気持ちで買ってくればよかったな、後悔・・・。(;_;)

煉瓦壁が崩れそうな、そんな建物の中をのぞくと・・・、
15.gif
あぁ、まだ使われている!
16.gif
なにの工場なんだろ?工場の中には線路跡のようなものが残ってた。(写真上、わかるかな?)
17.gif18.gif
まだまだ古い建物がたくさん残るタリンだけど、これからもだんだん少なくなるのかな・・・。

25,000㎡の敷地に10棟もの歴史ある建造物が建ち並ぶこのエリア(テッリスキヴィ・クリエイティブシティ)には、
19.gif
鉄製の卓球台があったよ。(写真上)
20.gif21.gif
なにやら芸術作品も。(写真上)
22.gif
マーケットではとにかく古着が多くって、その場で試着する人もいっぱいだった。
23.gif24.gif
雑貨や日用品やレコードやカメラなんかは、ロシアなものがたくさんあったよ。

なんでもない町並みもてくてくしよう。
つづく。

nice!(60) 
共通テーマ:地域

nice! 60