So-net無料ブログ作成
検索選択

Ylösnousemuskappeli(復活礼拝堂)と市民墓地 *気ままにおひとりさま初夏の北欧 その66 [*SCANDINAVIA/TALLINN '16]

Ylösnousemuskappeli(復活礼拝堂)と市民墓地
  *気ままにおひとりさま初夏の北欧  その66

光と影と、緑と。
1.gif
街中から少し郊外にある市民墓地。

トゥルク3日目の朝、お野菜とフルーツ中心で朝食を。
2.gif3.gif
Turku Kauppatori(トゥルク マーケット広場)までぶーらぶら。
4.gif
広場すぐそばのバス停から9番(or12番)のバスに乗って、Ylösnousemuskappeli(復活礼拝堂)へ。
5.gif6.gif
いいお天気、少し暑いくらいだ。
7.gif8.gif
約10分ほど乗って、Uusi hautausmaa下車。
9.gif10.gif
帰りのバス停と時刻表を確認し、市民墓地へ。
11.gif12.gif
入り口そばにはお花屋さん、そして案内板、広いなぁ。
13.gif
まるで森のよう。
14.gif
整備も管理もきちんとしてる。
15.gif16.gif
ウォーキングをしている人も。

墓地をどんどん奥へ。
17.gif
そこのあるのはYlösnousemuskappeli(復活礼拝堂)/設計はErik Briggs(エリック・ブリュッグマン)/1941年
18.gif19.gif
と・・・、鐘の音が鳴り始め、この石段を葬儀を終えたばかりらしい遺族がこの石段を降りてきた。
20.gif21.gif
遺族が見えなくなるまで、鐘の音が止まるまで、石段脇にあったベンチに座って。
22.gif23.gif
大きなガラス窓から中を覗き込むと次の葬儀の準備が始まっていたので、
24.gif25.gif
準備の様子が映らないように、2枚だけ。
26.gif27.gif
祭壇のある内部空間はそっけない外観とは違って、
28.gif
ディテールが工夫され繊細で、白い壁には差し込む光と影と緑が形をどんどん変えて。
29.gif
とても洗練された美しい空間だったよ。

市民墓地をさらに奥へ、火葬場のある端っこまで。
つづく。

nice!(52) 
共通テーマ:地域

nice! 52