So-net無料ブログ作成

船に乗って。 *ちょこっと長崎、端島の旅。 その2 [*NAGASAKI 2016 July]

船に乗って。
 *ちょこっと長崎、端島の旅。 その2

船に乗り込んで。
1.gif
端島(軍艦島)へ出発。

端島(軍艦島)は長崎港南西約19㎞の海上にある島で、現在は長崎県長崎市に帰属。
江戸時代後期に石炭が発見され、その後明治23年から昭和時代にかけて海底炭鉱として製鉄用原料炭を供給。
1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは無人島。

端島(軍艦島)ツアーを扱ういくつかのツアー会社の中から、
炭鉱マンの子として生まれ、小学 6年生から高校3年まで島に住んでいたという、
元島民の方がガイドとしてついてくださるところを選んだ。

コースは、上陸+周遊で所要時間は2時間ちょっと。
常盤2号桟橋から端島(軍艦島)へ約45分。
端島(軍艦島)上陸見学時間は約30分。
端島(軍艦島)から常盤2号桟橋まで約60分。

ホテルでの朝食は和食と洋食にいくつかの長崎名物で、ブッフェスタイル。
2.gif3.gif
久しぶりの暖かい朝食、はちゃめちゃな盛り・・・。(∋_∈)

屋内のダイニングではなく、SAUDADEという名のレストランの中庭で朝食を。
自由人が「SAUDADEの意味、覚えてる?」と。
SAUDADEはポルトガル語で「郷愁」という意味だ。
北欧ひとり旅報告と懐かしい北欧生活の思い出話をしながら、
懐かしいポルトガル語(モザンビークの公用語はポルトガル語と英語)の名のついたレストランの中庭でいただく。

ホテルから長崎の町並みを、
4.gif5.gif
端島ツアーの出発地、常盤2号桟橋までブーラブラ。
6.gif7.gif
暑い、日差しが厳しい、汗が吹き出る。

ツアー船に乗り込み、
8.gif9.gif
ツアー代金を支払い(ツアー予約は事前にネットで済)見学者札と飴をもらって出発。

常盤2号桟橋から端島(軍艦島)への約45分間に色々見所があるんだけど、
船が動いている間は安全確保の為に立ち上がることができなく、
また、なかなかの船の揺れで思うように写真が撮れなかったけれど、何枚か。

三菱重工業長崎造船所(写真左下)と、LNG船のMARS(写真右下)。
10.gif11.gif
住宅が斜面に張り付くように建ち、海辺には船のドックがあって港町の雰囲気がっぱい。
12.gif
小管修船所(ソロバンドック)(写真下)は、日本の造船市場現存する最古の建築遺構。
13.gif
高さ65mの橋げたが日本一の女神大橋(写真左下)、
14.gif15.gif
三角のこんもりした高鉾島(写真右上)、江戸時代に隠れキリシタンが身を潜めていたそう。
16.gif17.gif
高鉾島のすぐ隣の神の島にある、神の島教会(写真左上)と岬に立つ聖母マリア(写真右上)。
18.gif
三菱重工香焼工場(100万トンドック)、三菱のマークだけでテニスコート1面がおさまる大きさ(写真上)。

端島(軍艦島)見学ツアー入り口のドルフィン桟橋に、違うツアー会社の船。
19.gif
上陸前に、端島(軍艦島)を周遊。

つづく。

nice!(70) 
共通テーマ:地域

nice! 70