So-net無料ブログ作成

しまバスに乗って *女子旅、田中一村な旅。その2 [*AMAMI OSHIMA 2018 Jun.]

しまバスに乗って
 *女子旅、田中一村な旅。その2

田中一村記念美術館のある奄美パークは、
1.gif
なんだか微妙・・・?

奄美空港からしまバスに乗って約5分、2つ目のバス「停奄美パーク」下車。
2.gif3.gif
施設観覧料(620円/大人1人)を購入、荷物はコインリターン式(100円)に入れて。
4.gif
すぐに田中一村記念美術館へ向かう。
5.gif
美術館へのアプローチ周辺には、南国の植物。
6.gif7.gif
タコノキ(写真左上)とその果実(写真右上)、
8.gif9.gif
果実はアダンの実ととても良く似ているのね。

そして美術館へ 。
10.gif
水を湛えた中庭に3棟、高倉と呼ばれる奄美独島の建築方法を取り入れた高床式の建造物。
12.gif
設計は、株式会社佐藤総合計画・三反田藤男設計事務所・有限会社蒲田設計だって。
11.gif
きのこっぽい・・・??
13.gif
晴れていたら、水面にくっきり綺麗に建物や空が映ったのかな。
14.gif
田中一村展 生誕110年 奄美への路 Ⅰ・Ⅱ

田中一村は、栃木県生まれ。
千葉や東京で活動し、50歳の時に奄美に移り住んだ日本画家。
幼くして水墨画に才能を発揮、7歳の時に児童画展で受賞。
東京美術学校(現・東京芸術学校)の日本画科に入学するも、2ヶ月で中退。
その後、特定の師にはつかず、独学で画家人生を歩み、千葉県で20年写生に没頭。
新しい創作の道を模索する中で奄美に移り住み、大島紬の染色工として働き、
蓄えができたら絵の具を買って絵を描くという清貧生活。
奄美に移り住んでからの亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画は、
生前、作品を発表する機会もなく無名でこの世を去ったんだって。

って・・・、knäcke、MaMaに聞くまで田中一村って知らなかったよ・・・。(-.-;)y-~~~

展示室の中はもちろん撮影禁止。

水墨画のようなもの、絵本の挿絵のようなもの、そして躍動感溢れるもの、
襖絵や屏風絵、天井絵まで。
いろんなタッチで描かれた奄美の動物や植物は、どれも繊細で大胆でとっても素晴らしかったよ。
どの作品も古くさくなくて、新しい。

大きな襖絵は構図や間合いが絶妙で。
月並みだけど、特に琳派を彷彿とさせる奄美の情景を描いた作品は圧巻でした。

時々、通路に置かれたベンチでやすみながら、展示室を行ったり来たり約2時間、クタクタ。
遅いランチにしようとレストランに行ってみたら閉まっていたので、カフェに着地。

窓際のテーブルに座ろうとしたらMaMaが、
15.gif
「曇っていても紫外線書きになるから、窓際はちょっと・・・。」と、女子力高め発言。
16.gif
窓際から離れたテーブルについて、「奄美フルーツきび酢ソーダ」を。
17.gif18.gif
これがとっても美味しかった♬
19.gif20.gif
誰もいないカフェでのんびりして。

もういちど展示室をひと回りし、しまバスに乗ってホテルへ。
21.gif22.gif
奄美パークから4つ目のバス停「土浜」下車、ホテルまで徒歩3分。
23.gif
薄暗い空色、とってもとっても蒸し暑い。
24.gif
南国の気候と風景の中、汗だくでてくてくゆくよ。
25.gif
奄美リゾートホテル THIDA MOON(ティダムーン= 太陽と月)に到着。
26.gif
霧雨が降ってきたよ、空には黒く厚い雲。

つづく。

nice!(54) 
共通テーマ:地域

nice! 54