So-net無料ブログ作成

気がつけば、まるで登山・・・? *レンタカーでもいっぱい歩く旅 その17 [*ASO TAKACHIHO 2018 Sep.]

気がつけば、まるで登山・・・?
 *レンタカーでもいっぱい歩く旅 その17

誰もいない道を、びゅーん。
1.gif
三ヶ所神社を目指して。

自由人、高千穂神社に夜神楽を見に行った時、御幣と一緒に「高千穂の神社」という本も買っていた。
その本に載っていた神社のひとつが、これから目指す「三ヶ所神社」なのだ。
三ヶ所神社本殿正面にある海馬の彫刻にちなんで、「海馬守」があるんだって。
海馬は脳の記憶に関する大切なところ、記憶力が怪しい残念な海馬のknäckeは、
これ以上残念な海馬の進行を食い止めるためにも、ぜひこのお守りが欲しい!(T ^ T)
それから御朱印もね。

ナビに「三ヶ所神社」を入れて、出発。
順調に進むも、「三ヶ所神社」にたどり着けない。
ナビに間違いはない、はず・・・、目的地周辺をウロウロ、
サインも見つけて進むも、どうしても見つからない・・・。

と、そこで自由人、「僕が行きたいのは本殿の方じゃなくて奥宮だから、そっちに行ってみようよ。」と。
ナビにも「三ヶ所神社奥宮」は表示されているので、目的地を奥宮に変更して出発。

町中から、なんだか山っぽい風景に。
2.gif
のどかな風景を進み・・・、あってるの?
3.gif
でも、ナビをよく見ると奥宮は確かに山の中っぽいけれど・・・、knäcke嫌な予感。(p_-)

どんどん山を登り、見つけた「三ヶ所神社奥宮」のサイン。
4.gif5.gif
矢印に従って、どんどん進む。
6.gif7.gif
ね?間違ってないよね・・・?
8.gif
ナビを見る、間違ってないな・・・。

「ここっぽいね。」と、自由人。
9.gif
え?「二上山男岳登山口」ってありますけれど・・・。(写真上右端のサイン、見えるかな?)
10.gif11.gif
向こうに見えたサイン(写真上)に近づくと・・・、うん、間違いない・・・。

サインの奥に木製の鳥居が見えて。
12.gif13.gif
鳥居をくぐり、鬱蒼とした山道を、てくてく。
14.gif15.gif
奥宮はこの天孫降臨の聖地二上山にあるんだって。
16.gif17.gif
しばらく行くと、またサイン(写真下)、到着かな!?
18.gif
ん?「奥宮迄お登りになるのが困難な方は、ここからご参拝ください。」って・・・。

「knäcke、気持ち的にも体力的にも困難です!」と言いたいところだけど、
19.gif20.gif
すでに自由人は錆た階段(写真左上)をすでに登り、草むらに小さく見える(写真右上/白丸)。
21.gif22.gif
そしてまた鳥居、その先に階段地獄・・・。
23.gif
空に雲が広がり、時折霧雨。
24.gif25.gif
もう自由人の背中は見えない。
26.gif27.gif
苔むした滑る山道を、濡れた落ち葉で滑る階段を、斜面に傾く石段のその先に、朱色が見えた。
29.gif30.gif
そしてそこには「見晴らしがいいYO!」と、自由人が(写真右上)。

・・・、・・・、「楽しそうで、何よりです。」(棒読み)

そこには、岩に張り付くような「三ヶ所神社奥宮」があって。
31.gif
knäcke、ゼーゼーハーハーでお参り。
32.gif
しめ縄のまかれた大きな岩をなでなでしておいた。
33.gif
随分、登ってきたようね。
34.gif35.gif
空色はどんより。

ふぅー、やれやれ、下山だ。
と、思ったら・・・「じゃ、先行こうか。」って・・・、まだ先があるの?
「ここって、山岳信仰の聖地なんだって。林業に従事している人とかもね。」と、自由人。
「どうりで険しいわけね・・・。」と、しみじみっているknäckeの横で、
「よし。」って自由人。

「え?よし?よしってなに?knäcke、全然、よしでもなんでもないんだけど・・・?」
「自由人もknäckeも山岳信仰してないし、登山が趣味でもないし、
それこそ山岳や林業に従事しているわけでもないのに?」と、いうknäckeの声は、もう自由人には届かない。
見えるのは小さくなった先ゆく自由人の背中だ。

自由人との旅は旅じゃない、ましてや慰安旅行でもない、やっぱり修行・・・。
つづく。

nice!(52) 
共通テーマ:地域

nice! 52